作成者別アーカイブ: tkoizumi

開発環境セット販売

      Firefly DLの開発環境構築が分からない。
      Firefly DLで最初から結果を出したい。
      そんな方たちに向けて、tesbitがすべてをセットにした
      開発環境を提供いたします。


         

      弊社ではお客様に安定した運用をしていただくために、
      SuperMicro社ワークステーションを、
      弊社スペックで構築し
提供しています。

      開発環境は、お客様が即座にFireflyDLを
      お使いいただける環境を整えて出荷いたします。

                詳しくはお問い合わせください。
    
   

     お問い合わせ(AI用) カタログ

セミナーのご案内

各種セミナーをご用意しています。
受講料や詳しい内容についてはお問い合わせください。

   初級:Firefly DL 使い方セミナー
     Firefly DLの基礎的な使い方を中心に覚えていただくセミナーとなります。
     受講時間2日間(計8時間程度)
     講義内容として、
      ・PC側ソフトウエアの概要説明 ~WSLから各種ツールについて~
      ・WSLの使い方 ~Linuxコマンドの説明~
      ・構成ファイルの説明
      ・FLIRサポートサイトに基づく動作確認
        ・TensorFlowによるClassificationの使い方
        ・CaffeによるObjectDetectionの使い方
      ・データセットの作り方(弊社で用意した画像での作成)
     以上となります。

Classificationサンプル ObjectDetectionサンプル

   中級:実践Classification:お客様撮影の画像で実践
     Classificationをお客様撮影の画像をもとにデータセットの構築から
     実際の動作確認・学習のチューニングまでを講習します。
     受講時間3日間(計12時間程度)
     講義内容として、
      ・Classificationとは
      ・必要な画像とは ~Garbage In, Garbage Out~
      ・学習の考え方 ~何をもって学習したと考えるか~
      ・実際に撮影
      ・データセットの作成
      ・学習の実行
      ・実機での動作検証
     以上となります。

   上級:実践ObjectDetection:お客様撮影の画像で実践
     ObjectDetectionをお客様撮影の画像をもとにデータセットの構築から
     実際の動作確認・学習のチューニングまでを講習します。
     受講時間6日間(計24時間程度)
     講義内容として、
      ・ObjectDetectionとは
      ・実際に撮影
      ・アノテーションの実行
      ・データセットの作成
      ・学習の実行
      ・実機での動作検証
     以上となります。

     お問い合わせ(AI用) カタログ

tesbitのAI製品

   運用フェーズに移行した外観検査装置で検査を行っていても、
   検査漏れが発生してしまう場合があります。
   AIの画像認識技術を利用し、対象ワークをダブルチェックすることで
   検査漏れを防ぐことを目的としたのが本システムです。

   これはローコストのFireflyDLだからこそ、可能なシステムです。

   FireflyDLをClassificationで実行し、NG品検出時に信号を出力させるなど、
   既存の装置に合わせてカスタマイズも可能です。

   運用面においては、
    ・お客様にて画像を管理調整・学習の最適化を行っていただくエコノミープラン
    ・弊社にて学習の最適化などを行うフルサポートプラン
   上記2種をご用意しております。
   詳しくはお問い合わせください。

     お問い合わせ(AI用) カタログ



   FireflyDLを用いた外観検査システムです。
   AIの画像認識技術を利用し、外観上の欠陥や異常を検出するシステムです。
   検査可能な代表例として
    ・傷検査
    ・バリ検査
    ・形状検査(明確に形状に異常が発生するもの)
    ・パターンマッチング検査にて過去の実績があるもの
    など
   様々なアプリケーションに対応可能です。

   検査漏れ防止システムとの違いは、
   データセットの構築方法や周辺機器の違いとなります。
   詳しくはお問い合わせください。

     お問い合わせ(AI用) カタログ



   主に手詰め作業時の入り数ミスを監視する、
   個装数をカウントし検査判定するシステムです。
   毎秒1箱以上の高速でも応答し判定することが可能です。

   運用面においても多品種に対応するシステムで、
   簡単な操作で対応品種を切り替えることが可能です。

   本システムは、高速処理能力が要求されますので
   PC(ワークステーション)GPUベースのシステムとなります。

   詳しくはお問い合わせください。

     お問い合わせ(AI用) カタログ

Firefly DL

 簡単にAI。

  必要なのは、
  FireflyDL・PC・検査対象ワーク。
  プログラミングの必要はありません。
  対象ワークの撮影は面倒ですが…

     動かすだけならプログラムはまったく作りません。
     TensorFlowやCaffeを1度でも使ったことがあるなら、動かすことはできると思います。
     知識のない方でも、弊社のセミナーを受講していただければ簡単に使うことができます。
     ただし、結果を出すには”コツ”が必要です。
     サポートいたします。

 スタンドアロン。

  FireflyDLに作成したニューラルネットワークを書き込めば
  単体動作可能です。
  ネットワーク接続の必要はありません。

     既存のAI画像認識システムのように常時インターネット接続を含んだシステム構築の必要はありません。
     また、1検査(検出・認識)に対する従量課金もありません。
     製造現場でネットにつなぐことができなくても大丈夫。
     設備との組み合わせの条件さえ整えば、PCレスでも動作可能です。
     (FireflyDLは、認識したクラスに対して信号出力が可能です。)

 ローコスト。

  FireflyDLとレンズ・照明・ケーブルで?万円から。(ひとけた万円)
  初期投資としてニューラルネットワーク作成PCも必要です。
  速いPCを使うと立ち上げもスムーズになります。   

     既存カメラとの置き換えも可能です。その場合、既存照明を用いれば更にコストを下げることは可能です。
     アドバイスとして、ニューラルネットワークを作成するPCは、予算を多めにお願いします。
     結果が出るまで何週間もPCを動かし続けたくは無いでしょうから。
     複数ライン有るような製造ラインの場合、最高のスケールメリットが得られる可能性があります。
     ※価格についてはお問い合わせください。      



  補足説明

     ◆FireflyDLについて
      FireflyDLは、カメラ単体でClassification(分類)やObjectDetection(物体検出)が可能なカメラです。
      PCにて学習させた、ニューラルネットワークをカメラに展開し実行することが可能です。
     ◆使用できるニューラルネットワークについて
      基本的にはTensorFlowを用いたClassification(分類:映像上で最も近似しているものを指し示す)、
      Caffeを用いたObjectDetection(物体検出:映像上の複数の物体を認識)の2点となります。
      ※学習結果のニューラルネットワークファイルが、22MBを超過する場合動作しない可能性があります。
     ◆クラウド型システムとの違いについて
      クラウド型AI認識・検出システムと比較した場合、学習時間に大きな差が出ます。
      クラウド型の最大のメリットはスーパーコンピューターレベルのワークステーションにて
      高速に学習を行えることです。
      しかしながら製造現場では、製品の写真の外部送信は勿論のこと、製品の情報は絶対に漏らしたくはありません。
      FireflyDLなら、社内に設置した学習用PCにて学習させれば良いですから、その点の心配はありません。
     ◆デメリットについて
      FireflyDLに内蔵されている推論エンジンはインテル® Movidius™ Visual Processing Unit(VPU)です。
      小型の組み込み用途のVPUとなります。
      GPUやFPGAと比較した場合、スペック上の性能では劣ります。
      しかしながら、用途によっては十分な性能であると考え、また、運用方法を創意工夫すれば実用に耐えられる
      可能性が十分にあると弊社では考えています。
     ◆価格について
      本商品は輸入商品です。為替レートや輸送費の変動で価格が変動する点をご了承ください。
      本ページ内の「?万円(ひとけた万円)」は最小構成時の価格となります。
      はじめてお使いになるお客様や、画像処理についてご不安なお客様は、
      サポート購入やセミナーを受講していただく場合がございます。
      ご購入後の、追加サポートのご購入やセミナー受講も可能ですので、その際はお問い合わせください。
      製品の性質上、お客様都合による返品はお断りしております。
      また、弊社判断にてサポート購入やセミナー受講をしていただけないお客様には、
      販売を行わない場合がございます。ご了承ください。
     

  弊社のサンプル

     お客様の製品ではいろいろと問題がありますので、
     ここではミニカーを4種類用意し、ClassificationとObjectDetectionを行いました。
     ミニカーは自動車に詳しくない方が見たら見分けがつかないスポーツカーのミニカー4台です。
     FireflyDLにて、各車種20枚程度、様々な角度から撮影し、学習用の画像としました。
     アノテーションと呼ばれる画像に情報を付加し、データベースを構築する「Dataset」の構築まで約2時間、
     その後PCにて学習を行わせました。
     Classificationは1時間程度、ObjectDetectionは3時間程度学習を行わせた結果が下写真の結果です。
     予想よりも少ない立ち上げ時間では?
     弊社では、FireflyDLやDeepLearningのノウハウを保有しています。たくさんの失敗もしました。
     その知識を製造現場などでお使いいただけると幸いです。
     

Classificationサンプル ObjectDetectionサンプル
上記写真はFirefly DLの実行結果です。

     
本サイトでは、簡潔に表記するためDL:DeepLearningを一部AIとの表記をしています。ご了承ください。
本サイト表記の「スタンドアロン」は開発中や実行中の状態がスタンドアロンという点を示しています。開発環境構築の際にはネット接続と弊社並びに各社サイトからのダウンロード等が必要になるい場合があります。
FLIR®並びにFirefly Firefly DLは、フリアーシステムズ(FLIR®Systems,imc.)の登録商標です。
Firefly DLの写真並びにFLIR®ロゴはフリアーシステムズより許諾を受けて掲載しています。
また、それ以外の写真についてはテスビット保有の写真となります。

     お問い合わせ(AI用)

AI/DL 関連製品

本サイトでは、簡潔に表記するためDL:DeepLearningを一部AIとの表記をしています。ご了承ください。
本サイト表記の「スタンドアロン」は開発中や実行中の状態がスタンドアロンという点を示しています。開発環境構築の際にはネット接続と弊社並びに各社サイトからのダウンロード等が必要になるい場合があります。
FLIR®並びにFirefly Firefly DLは、フリアーシステムズ(FLIR®Systems,imc.)の登録商標です。
Firefly DLの写真並びにFLIR®ロゴはフリアーシステムズより許諾を受けて掲載しています。
また、それ以外の写真についてはテスビット保有の写真となります。

特定顧客向けサポートページ (2020_sc)

このページはお客様専用ページです。
ページの閲覧には専用パスワードが必要となります。
パスワードはご連絡しておりますパスワードです。
パスワードをお忘れになられた場合、担当者までご連絡ください。
 

 
This page is USER ONLY.
Browse the page will require private password.
If you have forgotten your password, please contact.

Password:

   


TSZC-06ファームウエアアップデート

2020年7月13日発表

この問題はTSZC-06のみ発生する問題です。
TSZC-04,04S,05,05Sをご利用のお客様には影響は有りません。
※TSZC-06P、TSZC-06AFは対象外となります。
※TSZC-06以外のお客様は行わないでください。(動作しません)
  TSZC-06以外に更新を行い損害が発生した場合、
 弊社はいかなる責任も負いかねますので、あらかじめご了承ください。

◆不具合内容について
 TSZC-06において、以下のコマンド
 move_a
 move_z
 move_f
 move_i
 move_p (プリセット動作)
 を行う際に、同一の位置を複数回送信することによって
 レンズ移動に異常が発生することが確認されました。
 
 レンズの位置が不定な位置に移動するなどし、
 その後タイムアウト等のエラーが返答されます。

◆対策内容
  ファームウエアバージョン:1.0.2.1
 前述移動コマンドにて、同一ポジションをないしは、組み合わせ上で同一ポジションの繰り返し動作になる場合、異常が発生しないよう対策
 ※すべての移動に係るコマンドに適用

◆ファームウエアのアップデートについて
 ファームウエアのアップデートは、弊社製Windowsソフトを使用し更新を行います。
 Windows7以降のPCにて動作しますが、
 Windows7の場合dotnet4.0以降がインストールされている必要があります。

1.更新ツールのダウンロード
  以下のリンクから更新ソフトとファームウエアが圧縮されたファイルを
  ダウンロードしてください。
  FWU ver1021

2.ダウンロード後、ファイルを解凍しフォルダを開いてください。
   
3.TSZC-06をPCと接続状態にしてください。
  ※TSZC-06のドライバを適用したPCにて作業を行ってください。

4.フォルダ内「FWU.exe」を実行してください。
  実行後、以下の様な画面が表示されます。
   

5.画面に従い、TSZC-06の接続ポートを選択してください。
   
   ※写真はCOM3の場合です

6.ファームウエアファイル(拡張子がhex)ファイルを選択します。
  [開く]ボタンを押して、ファイル選択ダイアログを表示させてください。
   
 ソフトウエアを実行しているフォルダが、初期状態で表示されます。
 その中に、「TSZC06_ver1021.hex」というファイルが有りますので
 そのファイルを選び、[開くボタン]を押してください。

7.準備が整いましたので、更新(書き込み)を行います。
  画面の[更新]ボタンを押してください。
  実行すると、画面下段のグレー部分に白文字で情報が表示されます。
   

8.しばらくお待ちいただくと、以下の様な完了を伝える
  メッセージが表示されます。
   

以上で作業は完了です。
※更新時にエラーを伝えるメッセージが表示された場合、
 お手数ですが、エラー内容を弊社までお伝えください。

TSZCのコマンド操作について

TSZCシリーズの本来の性能をご利用いただくために、
基本的なコマンド操作をご説明します。

はじめに

 必ず「初期化」作業を行ってください。
 初期化作業はレンズの可動範囲をTSZC本体に記憶させるための
 重要な作業です。

 また、TSZCとレンズの組み合わせが変更された際も、
 初期化作業を行ってください。

 ◆コマンド:init_a

基本的な操作方法

 TSZCはコマンドを受信し、作業が完了すると返答します。
 この返答が来るまでは、TSZCはレンズ移動中(動作中)ですので
 コマンドを受け付けません。

   例:ズームを600へ移動させる場合
     PC⇒TSZC move_z,600    PCからTSZCへコマンドを送信します。
     TSZC⇒PC move_z      TSZCからPCへ返答が送信されます。

 ★コマンドに対する返答の内容は、コマンドリストに明記していますので
  そちらをご参照ください。

  動作しない例:
    PC⇒TSZC move_z,600
    PC⇒TSZC move_f,400
    TSZC⇒PC move_z
   ★解説
    move_zコマンドに対する返答を受信する前に、
    move_fコマンドを送信しているため、
    move_fコマンドはキャンセルされています。

ズームレンズコントローラー TSZC-06シリーズ 拡大中

TSZC-06シリーズは、今後以下のラインナップに拡充されます。
2019年11月29日更新

発売中の製品

・TSZC-06通常版 発売中
TSZC-06のページをご覧ください。

・TSZC-06P Pアイリス対応版 発売中
アイリスのみPアイリスレンズに対応した製品
(対応レンズに制限※が有ります。詳しくはお問い合わせください。)
※Pアイリス駆動電圧が5Vのもの(スペース社製対応)
※Pアイリスステップ数は任意変更可能
※Pアイリス位置は記録・保持され 電源遮断復帰後は最終停止位置に自動復帰
※Pアイリス停止(静止)時は、駆動ステッピングモータにブレーキを掛けます。

・TSZC-06NP PCレス単体動作可能 (受注生産開始)
PCレスで動作可能な製品
プリセットメモリー(4点)にレンズ位置を記録させ
ボタン操作で切り替え可能

今後発売される製品

・TSZC-06AF オートフォーカス 2020年初頭発売予定(テスト中)
WindowsPC向けの、オートフォーカスとレンズ制御を統合した
TSZC-06AFを発売します。
一般ユーザー様は、付属の制御ソフトにて動作させることが可能です。
開発者様向けにオートフォーカスとレンズ制御を統合したライブラリ
TSAF.DLL(C# VB.Net対応)を提供いたします。
※サンプルコード付属
※高速動作を行わせるためTSZC-06とファームウエアが異なります。

・TSZC-06C コンソール機能対応版 2020年初頭 発売予定
TSZCの機能をコンソール(制御卓)に内蔵した製品

TSZCシリーズを精度よく動作させるためには

このページの対象のお客様

・TSZCを外観検査装置などで使用するお客様
・TSZCを精度よく動作させたいお客様

注意事項
・組み合わせるレンズによっては以下の内容と異なる結果が生じる場合もあります。
 その際には、実際の動作を重視してプログラミングしていただけると幸いです。


TSZCシリーズをお買い求めいただきありがとうございます。
TSZCシリーズを精度良く動かすためのノウハウを一部公開いたしますので
ご参考いただけると幸いです。

はじめに
TSZCシリーズはTSZC-05以降のモデルから、moveコマンドを使用して
任意位置への移動が可能となっていますが、若干のずれが生じます。
これは、レンズ内のギヤのバックラッシュや、イナーシャが影響しています。

mv_thdコマンドにて、ズレの許容量を調整することが可能ですが、
実際に操作した後に、read_aコマンドなどで位置情報を取得した際に
mv_thdで指定した閾値以上のずれが生じる場合があります。

弊社では、自社製外観検査装置の多品種に対応したシステム用として
このTSZCシリーズを10年以上使用しています。
そこで得られた、ずれを極力小さくする手法をご紹介いたします。


どんな時にずれが生じるか ~ その対策方法 ~

~垂直設置での使用~
ずれが一番生じやすいのは、レンズを垂直設置されているお客様です。
これは、レンズ内ギヤのバックラッシュが主な原因です。
フォーカス・ズームはレンズ自体が移動しますので、
確実に重力の影響を受けます。
レンズを移動させる場合、弊社では以下のルールを定めて運用しています。

1.レンズの移動は一方通行
  レンズを目的位置にセットさせる場合、必ず下から上へ移動させます。
  
 例
  条件:レンズを下向きにセット
     ズーム値0が下側、ズーム値1000が上側の場合
     ズーム値:500にセットされているレンズを、ズーム値300にする場合

  1.一旦レンズ位置を、300-50=250 ズーム値250にセットします。
    (50の値は、弊社での社内値です。20~50が最適と考えます。)
  2.一旦read_aなどのコマンドで現状の値を取得します。
    (特に必要ありませんが、ワンテンポ待機したほうが良好な結果が得られます。)
  3.目的とするズーム値300へmoveコマンドでセットします。

2.移動速度の最適化
  レンズ型番によって、移動速度が異なります。
  レンズが移動する最小の速度値+5程度の速度を設定することによって
  レンズが移動しすぎる等の無駄な動作を軽減することが可能です。
  (mv_spdコマンド)

~高速移動を行う場合~  
レンズを高速移動させたいお客様も、ずれが生じる可能性があります。
これはズーム・フォーカス機構部のイナーシャによる場合があります。
弊社では以下の方法で対応しています。

レンズの移動を2段階にし、移動速度を切り替える
レンズを移動させる際に、高速移動と低速移動に移動を分割します。


 1.目標値から20程度手前まではmv_spdコマンドの値を大きくとって高速移動させます。

 2.高速移動終了後、mv_spdの値を小さくし、移動速度を遅くします。

 3.目標値へmoveコマンドで移動させます。

まとめ
 TSZCシリーズが動作させているズームレンズは、重力や慣性の影響を受ける場合があります。
 その点を踏まえて頂いてプログラミングしていただけると、精度よく動作させることが可能
 です。